Grand Winner

Crawfish Claws Tug Heartstrings

Dashiel Hermann

ロブスターが子供たちの事件になり大人たちと一緒に盛り上がる。そこにカメラがある。これがカメラが世界にかかわる一番の理想的ありかたじゃないか?と思った。ちょっといい短編小説のよう。

To take a movie that's like "a single frame from everyday life" seems easy, but is actually hard. Here, lobsters become a great deal with the kids and the adults also get excited. And there is a camera. This is the true meaning of what it is to have a camera, right? Thats what I thought. Like a good short story.


最初に断っておくけれど、私達はコンテストが大嫌いだ。だからこれまでコンテストというものをやってこなかった。一位はキングだ。しかし、作品というものはそうじゃない。

イベント自体は無数の作品が集まり様々な要素が複雑に絡み合ってできている。 キングというのはいない。しかし、そこにコンテストの要素が入り込むと話は一気に単純になってしまう。この単純化によってボロボロと大事なものがこぼれおちていく。それが我々がコンテストが嫌いな理由だ。しかし、しかし!実際にコンテストをやってみたら、楽しかったのだ!我々は作品を選らばなければならない。

その悩む過程で、我々はいろいろなことを考え、まるで人生の進路を選ぶように考え、投げ出し、また考え、1つの結論を求めた。これは、まるで、自分への旅じゃないか!我々は他人の作品を選ぶことで自分自身の心の奥を1つ1つ確かめていく。「選ぶ」ことは、自分自身について弁明することだ。そうか、コンテストとは結局は自分への旅なのだ。そーいう機会があることを我々は知らなかった。

作品を投稿してくれた皆さん、こんな機会を与えてくれてありがとう。

ここに、私が選んだ15作品を掲示しておきます。

I'll get this out the way first: we don't like contests. So, until now, we have never held a contest. In a contest, the work selected as number one ends up representing all the others. Just like a boxing champ, or class ranking, number one is king. However, with creative works, this is never the case.

An event comes with countless intertwined elements, gathered together, complicating things. But, with the advent of a contest, things become immediately more simple. But, while we gain simplicity, many important factors fall by the wayside. That's why we don't like contests. But! But! When we actually tried a contest, it actually turned out to be pretty fun! We have to choose the winners...

And through the process of choosing, we got to thinking, and it became like we were choosing our route in life. Think, give up, start thinking again, and, finally, reach a conclusion. This is like a journey, to the inner self. Through choosing, you confirm those things you believe, one by one. To "choose" something, is to vindicate yourself. That's it. A contest is an inner journey. We didn't realize it until now.

To everyone who submitted a video, thank you.

We will now present the 15 works chosen.


Finalists

How to Bathe a Chihuahua

by August Kryger

:: Baile Átha Chliath A Stóir :: Leaving Ireland ::

by Hilo Negro

la velocidad de la luz

by The Village&The Rous Bay

foetus

by cindy cyanwater

london town

by yellow

FREE

by alejandro castellanos

lost in the sub aquatic

by Nathaniel Whitcomb

harinezumi 03

by jose roda

Digital Harinezumi 2

by 2122748828

Stories of a camera

by david14

Ball Washer

by Lost Glove

another weekend

by Jordi Rins

(still untitled)

by nacho mayals mira

Pillow Fight!

by Watergun


Japanese

English

「彼女ができる前の男の子」だけが純粋だ。
ということは、悪いけど、あなたの彼氏はすでに堕落しているということだ(ごめんね)。

「彼女ができる前の男の子」は、いくつかの例外を除いて、世界のほとんど全部の事柄をクソだと思っている。きっと、今は無力である自分の存在と、本当は無力であるはずがない自分の存在の、表と裏がはっきりしないこと、その証明の方法が見つからないことに、彼らはイライラしている。

「彼女ができる前の男の子」は、クソでないものをすぐに見分ける。それが商業に毒されていようが、孤高の芸術であろうが、無名のDJであろうが、関係ない。クソは、あらゆる場所に卑怯な顔で、見つからないように紛れているが、彼らはそれを犬のように嗅ぎ分け、クソでないものだけに近寄り、心で、あるいは行動で、握手を求めてくる。それは、「彼女ができる前の男の子」だけが持つ武士道であり、礼儀作法だ。およそ、我々の知りうる「純粋」とは、ここにしかない。その他の「純粋」なんて、ただのクソに過ぎない。

これが、私がLAで学んだことの全てだ。

大森秀樹(SUPERHEADZ.TOKYO / POWER SHOVEL,LTD.)

追伸

しかし、女の子というのは不幸だ。彼女たちは決して「彼女ができる前の男の子」と付き合えないのだ。つまり、彼女たちは本当の「純粋」に触れることさえできないのだ。

さらに追伸

ビジネスマンである前に、芸術家であるべきだ。
芸術家である前に、純粋であるべきだ。
純粋である前に、しっかり仕事をするべきだ。
これもLAで再認識したね。

最後の追伸

彼らは「彼女」と引き換えに能力の全てを失う。もう、握手は見え透いた薄笑いの利害関係でしかない。だけど、いつか彼らが、本当の「仕事」に出会ったとき、もう一度、彼らは全てを取り戻すことになるだろう。
ああ、そうだったらいいなぁ。と、今は、すごく、思っている。

 

Only “A boy who has never loved a girl” can be pure.
That is to say, I'm afraid, that your boyfriend has already fallen from grace (sorry).

“A boy who has never loved a girl”, with very few exceptions, thinks everything in the world is shit. Without question, the powerless state they're in now, and the powerless self they know they shouldn't be, both fail to come to the surface. Without a clear way to express themselves they're frustrated I'm sure.

“A boy who has never loved a girl” can quickly distinguish what's not shit. Whether it's someone tainted by commerce, an eccentric artist, or a no-name DJ, it doesn't matter. Shit is there, with a cowardly face, trying not to be seen but, like a sniffer dog, these boys can sniff out and move close to that which is not. With their heart, and their actions, they come for a handshake. This is their way, their etiquette, like their own Bushido. Anything else “pure”, is simply getting close to shit.

This is everything going to LA taught me.

Hideki Oomori(SUPERHEADZ.TOKYO / POWER SHOVEL,LTD.)

Postscript:

However, girls are unlucky. They can never go out with “A boy who has never loved a girl”. That is to say, they can never touch true purity.

Yet another postscript:

Before you are a businessman, you should be an artist.
Before you are an artist, you should be pure.
Before you are pure, you should work hard.
I remembered this while in LA.

Last postscript:

In exchange for their a girlfriend, they give up all their powers. A handshake becomes something you do with a wry smile. However, sometime, they will meet true “work” and, again, get back that which they once had. Ah.. it would be so good if it's true... is what I'm thinking right now.


May 27 2010 07:00PM

The Harinezumi: Where Your Heart Should Be - Opening Reception

Take

TAKEは10年以上にわたって、LAのビートシーンの中枢の一人として 活動してきた。

90年代のインストゥルメンタルヒップホップの最もストイックで美しい部分と 新しいビートシーンからの影響を柔軟に取り入れた、まさにLAを代表するトラッ クメーカーであり、あらゆる楽器を演奏するプレイヤーでもある。Takeは自分の 音楽に対して「Hip Hopという根っこがあって、スペースシップで新しい所を探 しに飛んでいってるんだ」と言っています。

Daedelus

手作りコントローラーでオーガニックなサウンドとエレクトロニック・サウンドを融合するアーティスト。荒削りなブレイクビーツに心地よいメロディが絡んだナンバーから、ノン・ビートで幻想的な耽美的なアンビエント、アシッド・フォークとソフトなノイジー・サウンドが混ざったような独特な世界観を披露する曲など、DAEDELUSならではな独自性の高いサウンドを演奏します。

Superheadz Djs/Vjs

音楽

自分らのことなんで説明するまでもないのですが、まったくジャンルも経験も異なるDJ陣で構成されています。踊れるのも踊れないのもあります。

中心メンバーのFUJIMOTOはなんと16歳のころから我々の音楽面をやっとります。

映像

自分らのことなんで褒め称えてもシラジラシイが、やっぱり我々の映像ミックスは面白いと思う。はっきりいって、見たほうがいいと思う。そして喜んだり、泣いたり、反省したり、欲情したりしてほしい。


May 27 - May 31, 2010

The Harinezumi: Where Your Heart Should Be - Exhibition


4-day exhibition at Space 15 Twenty Gallery

※コンテストで選ばれた15作品が公開されます


April 26 - May 21st, 2010

The Harinezumi: Where Your Heart Should Be - Contest

Superheadz and Space 15 Twenty present a very special contest: Harinezumi: Where Your Heart Should Be

The top prize winner gets an all expenses paid trip to Tokyo!

※作品募集は5月21日で締めきりました。