はりねずみの森 - THE FOREST OF HARINEZUMI VER.4.0.- 2011/01/22-2011/02/27 @ShowerRoomFactory




はりねずみの森

-THE FOREST OF HARINEZUMI VER.4.0.-

 ShowerRoomFactoryで、1月22日から約1ヶ月にわたりお届けした、
「はりねずみの森」が2/27日(日)をもって終了いたしました。

 

そして3月5日(土)19時~
全く異なる、一夜限りのライブ版はりねずみの森
「LIVE はりねずみの森」が開催されます。

 詳しくは、WEBサイトからどうぞ!
  www.superheadz.com/live-harimori/







上映終了まで、あと1週間。

「はりねずみの森」は、あと1週間、2月27日(日)までで終了する。東京の森はこれで一旦消滅。次はどんな形でいつ東京に戻ってくるのか、1年後なのか、2年後なのか?わからない。

もし、あなたに、この1週間で32分の時間があるなら、是非だまされたと思ってここに来てみてください。あなたの記憶がパラパラと音や映像の断片とつながる体験ができるはず。これは、映画にも似ているし、おじいさんの昔話にも似ているし、生まれなかった子供の夢にも似ている。あなたには、一体何に見えるんだろう?

僕らはいつも、なんで人生はうまくいかないんだ、と思っている。僕らはいつも、なんで人と人はつながれないんだと思っている。なんとかしたい。けれど、事態はそのままだ。

「はりねずみの森」は、そのままの事態を、全部並列に、ただ並べている。かわいい子供がいたり、見透かしたような猫がいたり、私から彼氏を奪った女もいる。これは「そのままの事態」という生き物が住む「森」だ。この「森」には、ドラマチックな瞬間はそうは訪れないが、朝が来て夜が来て、生まれて死ぬ、それ以外に俺たちに何のドラマチックが必要だってんだ!と、声にならない声で私にすごんでくる。

僕らは他人の映像が好きだ。自分の撮った映像は自分の体から、なかなか出ていかない。それには才能という別のものがいるらしい。けれど他人の撮った映像は自由に私の中を出入りできるのだ。安らかだった瞬間、悲しい思いをさせた瞬間、感謝した瞬間、泣いてしまった瞬間。他人の記録は、私の記憶の中に自由に入り込み、記録と記憶は性交し、略奪し、交換される。そして混血の記憶と記録が、見分けのつかない双子のように生まれ落ちるのだ。

この森はそーいうことを目指したものでもあったりする。

2010年の3月にNYでのプレビューがあり、それから約1年間、この森に関わってきたわけだ。僕ら自身ももう見ることがない、東京の「森」よ。なんだかセンチになっちゃうね。

上映は2011年2月27日(日)まで、是非に!

Hideki Omori
PowerShovel Ltd./Superheadz. Tokyo

日本語


めんどくさくて、おおげさで、こまってしまう、映像の森よ。

181台のDVDプレイヤーと205面の大小のモニター、そして音響設備一式がなければ、「はりねずみの森」は上映できない。セッティングには早くて丸3日かかり、外国での上映となるとトラックが何台も必要で、輸送費は莫大。しかも、このプログラムは一度に大勢の人が見るようには作られておらず、多くて20人が限度だ。上映時間はたった30分。まったく、今時なんてメンドクサイ代物だ。しかし、この方法でなければ表現できないものが確実にある気がして、僕らはめんどうな上映を続けている。

あなたは最初、205の画面のどこを見ていいのかわからず戸惑う。やがて特定のいくつかの画面が気になり、だんだんと影のようにストーリーが見えてくる。ある人にとっては悲しく、ある人にとっては喜劇だ。まるで森に生息する生き物のように、それぞれが勝手に動き回っている。無邪気な笑顔の横に、エロチックな姿態があり、悲しい風景がある。あなたは、ああ、世界はこんなものだった。私も、こんな風だった。と思う。そして、イメージの断片とループが重なり合い、もう少しで何か重要な言葉が出てきそうになった時、海が全部を流し去る。

僕らは、ここでしか見えない、不自由で、大げさで、めんどくさくて、全然持ち歩けない反モバイルなモノを作りたかった。それがこの「はりねずみの森」だ。

※すべての映像は、小さくてローファイなデジタルカメラ「デジタルハリネズミ」で撮影されています。

日本語


One More Week

“The Forest of Harinezumi ” will end in a week, on February 27th (Sun). The forest of Tokyo will once come to an end. No one knows when it will return, maybe in a year, or maybe in two?

If you happen to have 32 minutes on your hands this week, trust me and come to the forest. You will experience your own memory link to the fragments of the videos and music. This is something like, a film, your grandfather’s old tales, or like a dream of a stillborn baby. What do you think it will show you?

Why is life so hard, we always deplore. Why can’t we connect, we wonder. And wish to make a change. But nothing happens.

“The Forest of Harinezumi” just lines up these situations where nothing happens, in a row. There’s a cute kid, a shrewd cat, and a bitch who stole my boyfriend. The “Forest” is a shelter where these animals named “situations” live. Nothing dramatic really happens but, morning rises and night falls, birth and death come. What else does a drama need? a silent voice threatens me.

We like videos taken by strangers. Your own video can’t easily leave your body. Seems like you need some talent to do such a thing. Yet, your body is free for someone else’s video to enter or leave.. Memories of an outsider, such as moments that made you feel calm, sad, grateful or brought tears to your eyes can come freely into me and intercourse, plunder and exchange with my memories. Mixed memories are born like an indistinguishable twin.
This forest aims to create something like this.

In March 2010, the preview happened in New York. We have been working on this forest for nearly a year already. It is hard to believe that even we can no longer see this forest in Tokyo. I think I’m starting to feel a little sentimental.

Only until Feb 27th 2011!

英語



Oh, the forest of films - such a pain, how overblown, and time consuming you are.

Without having 181 DVD players, 205 video monitors of various sizes, nor the sound system available, Harinezumi no Mori cannot be exhibited. The set up takes at least 3 whole days; and would require number of trucks with unimaginable moving fee if shown overseas. Not only that, the program is made to be shown to at most twenty audiences at a time and nothing larger. Well.. what a pain in the ass.

But there are things that one can only express by going through these troubles. At first you will not know which screen to look at, out of the 205 in front of you. However, you will start finding some screens of your interest; and a story will appear. For some, that story may be melancholic, for others a commedy. Multiple things happening all at once. You will think, “The world used to be this way.” Then you remember, “This is how I used to be.” And as the pieces of these images and the loops overlap and intertwine, you find yourself almost remembering. As soon as those important words are about to come out, the sea washes away everything.

We wanted to create something that you can witness only here – something inconvenient, over the top, painful, not portable, anti-mobile, anti-internet. The result was Harinezumi no Mori.

英語


はりねずみの森 - THE FOREST OF HARINEZUMI VER.4.0.- 2011/01/22-2011/02/27 @ShowerRoomFactory


東京版のための序文


さて、あなたがここで何を感じてくれるのか、私にはわからない。ただただ、あなたにとって、退屈な32分でなければいいと、祈るだけだ。

お行儀よく座ってなくても、かわまない。人の前を横切って、近くに寄ってみたり、離れてみたり、寝転んだり、自由にみて欲しい。どうか、人が邪魔だなあ、と思わないで下さい。その「邪魔」を含めて、ひとつのプログラムになっていると思って、大目に見て欲しい。

「はりねずみの森」は、いろんな場所で、何度か上映を繰り返し、そのたびに内容が変化してきた。当初は、変化を繰り返すごとに、ブラッシュアップされ、整理され、りっぱな作品になっていくんだと、やみくもに「時間」に期待していた。けれど、現実はそうじゃなく、混沌は深まるばかりで、何一つ、りっぱなことにならない。あんなに期待していた「時間」は、積み重なったりしないで、波に流されるように、大きな水が周期的にやってきて、堆積した何もかもを、きれいさっぱりゼロにする。また、僕らは一からスタートだ。

僕らはこれを、ただただ、作りたくて作った。その動機は、本当は、もう、よくわからなくなった。何度も、何度も、同じ道を繰り返し歩いてきたけど、僕らは、どっちが北なのかも、月はどこにあり、太陽はどこから登るのかも、何も知らない。

けど、何もしらないということは、身軽ではある、ということだ。つまり、僕らは何も持たないが、そのことは、何か「大きなもの」がやってきたときに、飛び出せる準備は出来ている、ということなのかもしれない。「大きなもの」は、音であってもいいし、カタチであってもいいし、色であってもいい。

ここで使われている181枚のDVDは、日々、新たに作り変えられていく。きっと会期が終わる頃にはすっかり違う森になっているだろう。僕らが毎日少しずつ死んでいくように、森は突然変るのでなく、毎日少しづつ、判別できない速度で変化する。

気づいた時には、もう、あたりは真っ赤だ。

日本語


I am not asking you to sit properly. I want you to experience this your way – walk in front of others, go close to the screens, back up a little, lie down – whatever works for you. Please do not think that “the others are in your way”. Think of these interruptions as part of the program; and accept them as they are.

Harinezumi no Mori has been transforming after traveling and being played several times. Initially, we had great hopes in “time”; that, with one transformation after another, things would be brushed up and reorganized, maturing as an art piece. However, this was not the case as everything became more chaotic, and nothing became better. “Time” which we had high hopes in, never built things up, but turned everything that we collected back to zero, like the waves washing away everything on a shore. And again, we start from the very beginning.

We created this because we just wanted to. The motive, in reality, is now lost; we are not sure anymore. We have walked the same path so many times, but we do not know which way North is, where the moon is, or from where the sun rises – we do not know anything.

However, not knowing anything takes weight off our shoulders. We do not have to carry anything; perhaps this means that it lets us jump right out if something “big” comes after us. Something “big” can be sounds, shapes, or colors.

The 181 DVDs here will be updated everyday. By the time this exhibition end, the Mori should be completely transformed. Just as we die little by little everyday, the Mori does not transform all of the sudden, but in a speed unidentifiable.

By the time we look up, everything shall be in red.

英語


制作者は語る


まず雨が降る。
雨は貯水池にたまり、水道管を伝り、私の手の平に落ちる。
手の平に溜まったモノを「作品」と呼び、こぼれ落ちて地面に吸い込まれたモノを「日常」と呼ぶ。「作品」はキラキラ光るが、「日常」は忘れられ、暗い下水に流れる。しかし、やがてそれは広大な海へと辿り着くのだ。雨は、水になり、海になり、自由になる。

全ての人類よ。家の倉庫で埃をかぶったビデオカメラや、携帯電話の中で眠ったままの映像を取り出し、広場に集めよう。シャッフルし、切り刻み、まるめて、煮て、大きな塊をつくるのだ。そして、スパッと真っ二つに切断すれば、そこには全世界の「たった今」という断面が、脳を切開したように色鮮やかに層を成しているにちがいない。

ターンテーブルの芸術家たちが、誰も見向きもしなくなった流行遅れのレコードから新しいループを発見したように、僕らは、日常からこぼれ落ちてしまう一瞬から、小さなループを発見するのだ。小さなループは、重層的に重なり、大きなループになり、大きなループは、より大きなループの一部になる。

そういう幻想に支えられて、私たちは映像の[森]を創ろうとしている。

Hideki Omori
PowerShovel,Ltd. / SuperHeadz.Tokyo



LINK
「NY プロローグ」
「東京 はりねずみの森」
「ライブ はりねずみの森」
「シンガポール Mini Mori Video Trees」
「パリ はりねずみの森」

日本語



From the Producer :


Rain falls.

Rain slowly fills the reservoir, runs through the pipes, and falls upon our palms.

Those in our palms are what we call a “piece” of art; and whatever spilling out and sucked into the earth is what we call the “usual”. As the “pieces” glisten, the “usual”, simply forgotten, runs through the dark sewage underground. However, eventually, they arrive at the wide endless waters of the ocean. The rain becomes water, becomes a part of the ocean, then finally is liberated.

Calling out to all the human beings out there. Let us collect videos sleeping in cellphones or left under the dust in the garage and bring them out to our plaza. Let us shuffle, dissect, roll, boil.. and make one great soul out of them. And if we cut this soul right in half, there will be a surface called “the now” of this world, and it must be layers as vivid and colorful as the surface of the brain split in half.

Just like how the artists on turntables found new loops from outdated records that no one dared to look back into, we find small loops from the moments that are lost and overflowing from our usual days. The small loops overlap and folds, becoming a big loop; and these big loops become part of even bigger loops.

Sinking in these fantasies, we try to make “Mori” or the forest out of videos.

Hideki Omori
PowerShovel, Ltd. / SuperHeadz.Tokyo


LINK
「NY Prologue」
「Tokyo Harinezumi no Mori」
「LIVE Harinezumi no Mori 」
「Singapore Mini Mori Video Trees」
「Paris Harinezumi no Mori – La Fôret de Harinezumi –」

英語


はりねずみの森 - THE FOREST OF HARINEZUMI VER.4.0.- 2011/01/22-2011/02/27 @ShowerRoomFactory

Detail

はりねずみの森
-THE FOREST OF HARINEZUMI VER.4.0.-
2011年1月22日(土)~2月27日(日)

会場:SHOWER ROOM FACTORY
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町1-1Grava Daikanyama 3F
tel (03) 5428 - 5573
date : 2011年1月22日(土)~2月27日(日)
place : ShowerRoomFactory
Time Table :
①回目:13時開場、13時20分スタート
②回目:15時開場、15時20分スタート
③回目:17時開場、17時20分スタート
④回目:19時開場、19時20分スタート

上映時間32分、入場無料、会期中無休
※各回、上映開始時間を過ぎての入場はできません。
この作品は少人数での鑑賞を想定してつくられています。 よって、入場制限を行う場合がありますので、ご了承ください。

Production SuperHeadz.Tokyo

はりねずみの森の歴史・・

2010年3月、NYにてプレビューとなる「IMPERFECT AS THEY ARE」開催。Kim Gordon, agnès b., Harmony Korine, Mark Borthwick, Patrice Leconte, Chan Wook Parkなど30名を超えるクリエイターが参加。

2010年5月、東京にて「HARINEZUMI NO MORI」開催。世界中から収集した膨大なデジタルハリネズミムービー全てを解体し再構築。100面を超えるモニターとサウンドが融合させ、まさに森に住む生命体のように勝手に動き続けるビデオの森を演出。

2010年10月、シンガポールにて「MINI MORI VIDEO TREES」開催。シンガポールの注目すべきクリエイター達の作品が加わり全面的に再構成。全く新たなビデオの森が出現する。

2010年12月、agnis bのサポートにより、パリにて「HARINEZUMI NO MORI -La Fôret de Harinezumi-」開催。

2011年1月、再び東京にて「はりねずみの森 the forest of harinezumi ver4.0」開催。
日本語


In March 2010, a preview of the show took place in NY as Imperfect as They are. More than thirty creators participated including Kim Gordon, Agnès b., Harmony Korine, Mark Borthwick, Patrice Leconte, and Chan wook Park.

In May 2010, Harinezumi no Mori took place in Tokyo. Countless numbers of Digital Harinezumi movies accumulated from all over the world were dissected and rebuilt. With over 100 monitors, like uncontrollable creatures in the woods, a cosmic forest of videos was choreographed. This was a spiritual musical – SuperHeadz-style, putting the sound and the visuals in harmony.

In October 2010, Mini Mori Video Trees took palce in Singapore. The works of Singapore’s remarkable creators joined our project and the project was recreated as a whole. A completely transformed forest appears. 

In December 2010, with the suppor from Agnès b. Harinezumi no Mori – La Fôret de Harinezumi – landed in Paris.

In January 2011, showing Harinezumi no Mori – the forest of harinezumi ver4.0 in Tokyo.
英語

ARTIST


  agnès b.
  Harmony Korine
  Xiao Han
  Jonas Mekas
  Charlotte Gainsbourg
  Patrice Leconte
  Kim Gordon
  Christopher Doyle
  Mark Borthwick
  Chan Wook Park
  Albert Maysles
  Miranda July
  Ed Templeton
  Matt Amato
  SuperHeadz.Tokyo
  ......

はりねずみの森 - THE FOREST OF HARINEZUMI VER.4.0.- 2011/01/22-2011/02/27 @ShowerRoomFactory

地図



会場:SHOWER ROOM FACTORY
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町1-1Grava Daikanyama 3F

tel (03) 5428 - 5573
SHOWER ROOM FACTORY

交通案内:JR渋谷駅新南口より恵比寿方面に徒歩7分
JR渋谷駅西口より恵比寿方面に徒歩9分
東急東横線代官山駅より徒歩7分
JR恵比寿駅より渋谷方面に徒歩9分

Map
http://www.powershovel.co.jp/


はりねずみの森 - THE FOREST OF HARINEZUMI VER.4.0.- 2011/01/22-2011/02/27 @ShowerRoomFactory





Twitter Link