SuperHeadz.Tokyo presents「LIVE はりねずみの森 2011.03.05」@ShowerRoomFactory

 SuperHeadz.Tokyo presents
「LIVE はりねずみの森 2011.03.05」
 @ShowerRoomFactory(Daikanyama)


  ありったけの音と、ありったけの映像。
  金で済む問題ではないのだよ!入場無料!

  START : 19:00、 FREEEEEEEEEEEEEEEEE!
  Kid Koala http://kidkoala.com/
  D Day One http://www.ddayone.com 
  Butchy Fuego http://www.soundcloud.com/butchyfuego
  Hisham Bharoocha http://hishamb.net/
  Diana Chiaki http://blog.excite.co.jp/diana-chiaki

  with SuperHeadz.Tokyo

  会場:SHOWER ROOM FACTORY B1 Event Space
  〒150-0034 東京都渋谷区代官山町1-1Grava Daikanyama B1
  tel (03) 5428 - 5573

   出演者が変更になる場合がございます。

「LIVE はりねずみの森 2011.03.05」

ビデオインスタレーション「はりねずみの森」をバラバラに解体し、リアルタイムで「演奏する」LIVE仕様につくりかえたのが「LIVE はりねずみの森」だ。「はりねずみの森」はプログラムされた上映だが、「LIVE はりねずみの森」は、まさにその名のとおり、LIVEにより音と映像が繰り出される。何が起こるかわからない「生もの」だ。

サウンドは今絶対聴くべきDJやミュージシャンを国内外から招聘、ヴィジュアルは我らがSuperHeadzが担当する。基本的にサウンドとビジュアルの打ち合わせはなしで、ぶっつけ本番、その場で出た音に反応して映像をミックスしていく。

コンセプトは「めにみえるもの全て、聞こえるもの全て」。音と映像のシャワーをおもいっきり強い水圧で浴びたい。しずくは肌ではじけ、排水溝にのみ込まれる。そして、いつか広大な海へと流れ着くのだ。そーいうイメージで、いつもイベントを考えている。

これは、クラブというより「叫べる映画館」「混乱した電機屋」だ。あなたが、音と映像と混沌に少しでも興味があるなら、是非、デートをすっぽかして、来てみてください。

Hideki Omori
PowerShovel Ltd./Superheadz. Tokyo

日本語




“LIVE The Forest of Harinezumi 2011.03.05”

“LIVE The Forest of Harinezumi”is our video installation “The Forest of Harinezumi” taken down to pieces for a live music performance. “The Forest of harinezumi” is programmed beforehand but “LIVE Digital Harinezumi” is, as it says, a live mixture of music and movies. Raw and unpredictable.

DJs are the musts - invited from in and out of Japan. SuperHeadz is in charge of the visuals. None of the sounds / visuals are previously arranged but an off-the-cuff performance. The visuals will be improvised by capturing the burst of sounds.

The concept is “Making real out of what we see, what we hear”
A striking shower of movie and music. The drops burst on the skin and flow into the drains, and end up in the mother ocean. This is the image I have in mind when we plan and execute our events.

This exceeds clubs, it is more like a “scream-able cinema” or a “confused electric appliance store.” If you have the slightest interest in either, sounds, movies or chaos, ditch your date and join us.

Hideki Omori
PowerShovel Ltd./Superheadz. Tokyo

英語


SuperHeadz.Tokyo presents「LIVE はりねずみの森 2011.03.05」@ShowerRoomFactory


主催者は語る


私たちは、人生に関するほとんど全部を音楽から教わった。それは、親から教わったわけでも、学校で教わったわけでも、文学から教わったわけでもない。ましてや、女や、カメラから教わったわけでは全然ない。全ては、音楽から教わったのだ。だから、音楽から惜しみなくもらい続けてきた栄養分の、ほんの少しでも、音楽に返したいと思って、音と映像のイベントを続けてきた。

今回、実に久々の本格的な音楽&映像のイベントとなる。映像と音の自主イベントで海外ミュージシャンと絡むのは、東京では実に2年3ヶ月ぶりだ。

会場はShowerRoomFactoryではなく、同じビルのまだ借り手のいないB1(表記上はB1だけれど地下ではなく線路わきに面した1階だ)を使用する。ここでやる最初で最後のイベントになるだろう。

サウンドを彩るのは、またまた偶然の出会いが生んだ異質な組み合わせだ。

Diana Chiakiは東京在住。モデルとして活躍しながら音楽にもストロングスタイルで取り組んでいる。最初あったときは超緊張しながらDJするかわいい少女だったのに、今や、自身が作った曲だけでプレイする本格的アーチストに変貌している。2011年には我らがPowerShovelAudioから初のアルバムをリリースする。これ、実は私は相当楽しみにしている。

そうだ、よく考えたら、今回の出演者は、まったくそれぞれが異なるようで、パーカッシブな音楽をやる、ということでは共通しているかも知れない。そうだ、今、世界はパーカッシブなアプローチでしか、股をひらかなくなっているのだ。まるで、太古のようじゃないか!

D Day One(LA)は我々のコンピレーションCD「そもそも、デジタルハリネズミは夢を見るのか。」に参加してくれたことがきっかけで知り合った。NY,パリに続いて3度目の共演だが、東京では初だ。私は彼の繊細だけれどダイナミックなサウンドが大好きだ。はじめて聴いた時、私はこれを待ってたよ!と、声を出した。まるでパーカッションプレイヤーのようにサンプラーを叩く姿は、肉体からサウンドをはじき出すようだ。デジタルだろーが、なんだろーが、全てのサウンドはアフリカに通じ、アフリカはそのまま宇宙に通じる。私は彼のスタイルにシンパシーを感じずにはいられない。デジタルはこぶしでどつかないと本性を現さないのだ。

Kid Koala(カナダ)は、今回の「はりねずみの森 ver.4.0」の影の功労者だ。
「森」の公開日は迫っていたが、まだ使う楽曲もフィックスしていなかった。終わらせ方が分からなかったのだ。そんなとき、知人に勧められて彼のムーンリバーのプレイをYouTubeで見た。「ああ、俺たちは、こんな誰でも知ってる甘ったるく、でも甘美な曲を、心から美しいと思うためには、スクラッチでこんなにグニョグニョにしないと、もう、うっとりできないのだ。」まるで、自分の生まれ育った街が燃えるのを、対岸の橋の上から見ながら、なんて美しいのだ。と、うっとりするような、体からはぎ落としたくてたまらなかったものが、はがれ落ちたような、感覚だった。音楽はいつでも、「涙」と「うっとり」と「怒り」を同時に持っている。そんなこと、随分と忘れていた。私は自分のやりたいことがわかった気になった。

このメンバーでショーをできるなんて、なんて嬉しいことだろう。

日本語


From the Producer


Most of what we know about life, we have learnt from music. We did not learn from our parents, nor from school, nor literature. No way we learned about it from girls or cameras. All was taught by music. We continue these events with music and videos hoping to return at least some of the rich nutrition we have received from music.

It has been so long since our last music & video event. The last time we collaborated with artists from overseas for a music & video event in Tokyo was 2 years and 3 months ago.

The location is not ShowerRoomFactory but the basement floor of the same building which is yet to be rented (indicated as B1 but virtually the first floor facing the train tracks). This will probably be the first and last event that will take place there.

Sounds will be produced by a wide variety and mixture of accidental meetings.

Diana Chiaki: Lives in Tokyo. Does not only model but also devotes in her music as well. She was just a girl DJing so nervously when I first met her, now she has grown up to become an artist, and her play consists of only her own tracks. In 2011, she will release her first album from our own label, PowerShovel audio, which I am actually pretty excited about.

Butchy Fuego (LA) and Hisham Akira Bharoocha (NY): I met them at Mark Borthwick’s live which took place in ShowerRoomFactory. This will be our first session. I think I am the most excited audience to experience what their mysterious careers create. I have always believed that the percussions are the greatest melodious instrument, electronic instrument, and original instrument. Human beings have amplified their supernatural powers and seen the invisible and heard the silence. They are sure to show us a new supernatural show.

But thinking about it, although these artists seem so different from each other, they may have ‘percussive music’ in common. Right, the world now only opens her legs towards a percussive approach, just like in the prehistoric times!

Dday One (LA): We first met him when he collaborated with us in our compilation CD “In the First Place, Does Digital Harinezumi Dream?” After New York and Paris, this is our third event together, but it happens to be the first time to invite him to Tokyo. I love to find delicacy in his dynamic sound. I said out loud, “This is what I had been long waiting for,” when I first heard him. He hits the sampler as a percussionist, and sounds burst out of his body. Digital or not, all sounds lead to Africa and Africa leads to the universe. I cannot help myself from sympathizing to his style. Yes, digital needs a physical punch for it to show its true nature.

Kid Koala (Canada) is the true savior for our current “Forest of Harinezumi ver. 4.0”. The forest was to open soon, but I could not decide on the tracks. I did not know how to end the forest. That was when a friend introduced me to Kid Koala’s “Moon River” on YouTube. “Such a sweet song, sugary and familiar, it cannot amuse us anymore unless it’s scratched, deformed and destructed so massively,“ I understood. It felt like I was watching my hometown burning down on the other side of the bridge, sighing, “how beautiful.” As though I finally escaped from something I have been long dying to shed off. Music holds “tears”, “rapture” and “anger” all together. I realized how long I had forgotten about this. I thought I knew what I have wanted to do.

How excited I am to co-star with these members.

英語



SuperHeadz.Tokyo presents「LIVE はりねずみの森 2011.03.05」@ShowerRoomFactory

Detail

2011年3月5日(土)
■Schedule (t.b.c.)

19:00~19:10  (Opening)
19:10~19:40  Diana Chiaki
19:40~20:00  Butchy Fuego + Hisham Bharoocha 
20:00~20:45  DDay One
20:45~21:30  Kid Koala 
21:30~21:45  (Ending)

Visual: SuperHeadz.Tokyo

■出演者

Kid Koala http://kidkoala.com/
D Day One http://www.ddayone.com 
Butchy Fuego http://www.soundcloud.com/butchyfuego
Hisham Bharoocha http://hishamb.net/
Diana Chiaki http://www.myspace.com/dianachiaki

Production SuperHeadz.Tokyo

■Location

ShowerRoomFactory B1Event Space


SuperHeadz.Tokyo presents「LIVE はりねずみの森 2011.03.05」@ShowerRoomFactory

 Kid Koala

1996年にKid Koalaは、北米アーティストとして初めてUKのNinja Tuneと契約。すぐに革新的なスタイルとスキルで、クラブファン以外の広いファン層の心も掴むようになる。1998年にはBeastie Boysの世界ツアーにも同行。後の2000年に、Ninja Tuneから期待をはるかに超えるデビューアルバム”Carpal Tunnel Syndrome”をリリース。アルバムには、なんとビデオゲームとKid Koala自らの描いたコミックがついており、国際的にも高い評価を受ける。さらには、Radio HeadとBjorkのフロントアクトにも抜擢される。
その後もイラストブックやチェスをセットにしたアルバムなどユニークなリリースを続け、世界中をツアー。テクニックだけに頼らない、まるでターンテーブルを使って語りかけるようにプレイする独自のスタイルを築きあげる。最近では、自身のプレイ中に来場者を、踊るかわりに絵を描かせるなどの試みも行う。昨年末にはグラフィックノベルとサウンドトラック”Space Cadet”を制作し、エキシビションも並行して行う。これは今年のワールドツアーに合わせてのリリースが予定されている。

 DDay One

DDay OneはLAで生まれ育ち、ターンテーブルとサンプリングを自在に操るヒップホップアーティスト。彼のサインからも見てとれるようにグラフィティアートも得意とする。 90年代初頭、11歳の頃から彼はLAのディープな中古レコードショップなどに傾倒し、レコードを巧みに扱う高い技術を身につける。
サンプラーがまだ存在しない頃、ニードル・ドロップ(レコードの同じ箇所に何度も針を落として、ブレイクを繰り返させる手法)と、サンプル部分のループをテープに落とす手法を用いて彼は最初のトラックを完成させる。膨大なレコードのコレクションからビートを発掘し作りあげ、彼は現在でもレコードと音楽に対する愛をもってサンプラーの可能性を探求し続けている。

 Butchy Fuego

Butchy Fuegoはドラマ―、マルチ楽器演奏家、DJ、プロデューサー、レコーディングエンジニア、ビジュアルアーティストとして活動。ソロでのパフォーマンスに留まらずBoredoms, M.I.A., Pit Er Pat, Aska, Matteah Baim, NA FUEGO, Zach Hill, Lucky Dragonsなどと、世界各地で、数々の即興コラボを実現してきた。またスタジオでは、Red Krayola, Lou Barlow, Pit Er Pat, Abe Vigoda, Aska, Soft Circle, Hecuba, These Are Powers, Rainbow Arabiaなど数多くのアーティストとのコラボで知られる。

 Hisham Akira Bharoocha

東京、トロント、LAとサンディエゴで育ち、現在はブルックリン在住。音楽、ビジュアルアート、写真を中心にマルチクリエーターとして活躍し、Vogue Japan, i-Dなどでも特集されている。エキスペリメンタル音楽で活躍中のBlack Dice(Paw Tracks)とSoft Circleというバンドでも活動しており、アルバム'SHORE OBSESSED'がアメリカでは発売中である。またBOADRUMのメンバーとしても世界をツアーし、EyeやYoshimiと東京とオランダでの音楽パフォーマンス、ビジュアルアーティストDoug AitkenとNYのMoMAとLAのMoCAでパフォーマンスを行うなど、数々のコラボも実現させている。2007年7月7日にNYで行われた77BOADRUMという、77人ものドラマーとともにパフォーマンスをするイベントに参加し、2008年8月8日の88BOADRUMではディレクションを任された。また、彼のビジュアルアートはVACANT (東京)、Galerie Du Jour Agnes B. (Paris), Deitch Projects (NYC)など世界中のギャラリーで展示されている。NYアンダーグラウンドの中心人物として、ファッション、音楽、アートそれぞれの世界の人々をつなげる役割を担いUnited BambooやPhillip Limなどのコラボプロジェクトでも知られている。

 Diana Chiaki

15歳でモデルデビューし、ファッション誌やショーを中心に活躍、個性豊かな才能は音楽にも向けられ、2008年にはDJとしても活動を開始、2009年には自らのトラック製作も始める。ロックバンド「TRROR FAMILIA」でボーカルを担当し、作詞も手掛けている。華やかなファッションパーティーからアンダーグラウンドまで、幅広く活動中。2011年、PowerShovelAudioより初めてのソロアルバムをリリース予定。

 SUPERHEADZ.TOKYO / VISUAL[Tokyo]

VISUAL
自分らのことなんで褒め称えてもシラジラシイのでなんとも紹介しようがないが、我々のVISUALミックスのモットーは過剰であることだ。近年ではとにかく大量のモニターを使い大量のイメージを流すというメンドクサイことにシフトしている。映像と音で、感情を揺さぶりディストーションをかけたいのだ。
コンセプトは「めにみえるものすべて」。


SuperHeadz.Tokyo presents「LIVE はりねずみの森 2011.03.05」@ShowerRoomFactory




Access



会場:SHOWER ROOM FACTORY
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町1-1Grava Daikanyama
ShowerRoomFactory B1Event Space

tel (03) 5428 - 5573
SHOWER ROOM FACTORY

交通案内:JR渋谷駅新南口より恵比寿方面に徒歩7分
JR渋谷駅西口より恵比寿方面に徒歩9分
東急東横線代官山駅より徒歩7分
JR恵比寿駅より渋谷方面に徒歩9分

7min walk towards Ebisu from JR Shibuya station New South Exit / 9min walk towards Ebisu from JR Shibuya station West Exit / 7min walk from Tokyu Toyoko Line Daikanyama Station/ 9min walk from JR Ebisu Station towards Shibuya

地図

Copyright © 2011 POWERSHOVEL,LTD. All Rights Reserved.
powershovel www.superheadz.com

Twitter Link